歯の痛みは放置しないでください

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」といった症状がある場合、虫歯ができている可能性があります。痛みはしばらくすると一旦治まることがありますが、それを放置するのは危険。知らず知らずのうちにどんどん進行してしまうのが、虫歯の特徴なのです。

虫歯は悪化すればするほど、かぎりなく歯を失うことにつながり、痛みや治療による負担も大きくなるもの。症状を食い止め、歯を守るためには早期発見・早期治療が大切です。少しでも違和感を覚えたら、できるだけ早くご相談ください。当院では、少しでも長くご自身の歯を大切に維持していただくために、できるだけ削らない治療を行っています。

削らない虫歯治療「ドックスベスト」とは?

歯は、一度削ってしまうと、二度ともとには戻りません。虫歯による痛みは消えても、歯の寿命はどんどん短くなってしまうのです。そこで当院では、歯をできるだけ削らない虫歯治療「ドックスベスト」を扱っています。
ドックスベストセメントという、虫歯菌を殺菌する薬を患部に詰めて治す治療法です。

  • 削らないから、歯を維持できる
  • 削らず、麻酔もしないので痛みがない
  • 虫歯菌を殺菌しながら治療するので、再発防止になる
  • アレルギーが少なく、人体にやさしいので幅広い年代に治療できる

日本ではまだ保険治療として認可されていないので、自費診療になりますが、この削らない・痛くない治療で虫歯を治したいという方のお役に立てればと思っています。ご興味のある方は、ぜひ一度ご来院ください。

虫歯を放置する危険性

危険性 その1 危険性 その2 危険性 その3
虫歯は自然に治ることは決してないため、痛みがなくてもどんどん進行していきます。 何もしなくても、激しい痛みを感じるようになります。 歯の根もとに進行していくほど治療は難しくなり、抜歯の可能性が高くなります。
危険性 その4 危険性 その5 危険性 その6
治療時の痛みが強くなり、身体的な負担が大きくなります。 通院回数が増え、治療期間が長くなってしまいます。 治療費がかさみ、負担が増大します。

初期の虫歯は再石灰化で解決しましょう

「歯の再石灰化」という言葉を耳にしたことはありませんか? これは、歯を虫歯から守るためのキーワードです。

お口の中では、虫歯菌が出す酸によって歯のミネラル分が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、だ液の中和作用によってミネラル分が歯に戻る「再石灰化」が常にくり返されていいます。実は虫歯は、この「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れることで発症しているのです。

つまり、歯を虫歯から守るためには「再石灰化」を促すことが重要になります。そのためにできることは、だらだら食べをやめるなど生活習慣を見直すこと、また歯科医院でフッ素塗布を受けることなど。ごく初期の虫歯なら「再石灰化」によって治癒させることも可能ですので、日ごろから意識しましょう。

虫歯の症例紹介

※画像はクリックすると拡大します。

症例①

症例②

歯がしみるのは知覚過敏のサインかもしれません

「歯がしみる」のは、実は虫歯だけにかぎったことではありません。ほかにも「知覚過敏」が考えられるのです。

知覚過敏とは、歯ぎしりや咬み合わせの不具合などによって、歯の表面のエナメル質が薄くなり、神経に近い象牙質が表面に出て刺激を感じやすくなる状態のこと。しばらく様子を見ているうちに治まることもありますが、ひどい場合には適切な処置が必要です。痛みを放置せず、お早めにご相談ください。

虫歯の発症・再発を防ぐ「予防・メインテナンス」についてはコチラ