妊娠中に治療を受けるタイミング

女性は妊娠すると、つわりが始まったりホルモンバランスが変わったりすることで、お口の環境も大きく変化することをご存知ですか? 実は免疫力も落ち、虫歯歯周病になりやすくなるこの時期は、普段以上にお口のケアに注意が必要なのです。

妊娠中には歯科治療は受けられないと思われている方も少なくありませんが、安定期に入る中期ごろであれば、問題なく治療を受けることができます。当院では妊娠中の歯科治療に対応していますので、体調のいい時期を見はからって一度ご来院ください。

妊娠性歯周炎にご用心

妊娠性歯周炎とは、妊娠中の歯周病のこと。妊娠性歯周炎には、歯周病菌が血管に入り込むことで子宮が出産時期と感違いをし、低体重児出産や早産の確率を高めてしまうといった危険性があるため、注意が必要です。そのため、妊娠性歯周炎の予防・治療は、お母さんのためだけでなく赤ちゃんの健康のためでもあるのです。

つわりによって、歯みがきがしにくい時期ではありますが、お口のケアにはいつも以上に注意するとともに、安定期に入ったら一度診察にお越しください。

つわりで歯がみがけない方へ

「つわりがきつくて歯みがきがツライ……」という妊婦さんは少なくありません。そのようなときには次のような工夫をしながら、少しずつでもお口のケアをしていきましょう。

歯みがき粉ナシでもOK デンタルグッズに工夫を お口をスッキリさせて
歯みがき粉の臭いがダメ、ということなら、水だけでOK。歯ブラシをこまめに動かしてみがけば十分です。使えそうであれば、デンタルリンスを試すのもいいでしょう。 歯ブラシを口に入れるのが大変、という場合には、ヘッドの小さいものに変えてみましょう。また、フロスや歯間ブラシなども試してみましょう。 水や、殺菌成分が含まれる緑茶でうがいするのも一つの手です。うがいもキツイ……という場合には、食後にリンゴや野菜など繊維の多いものを咬むとスッキリすることがあります。

妊娠中の治療に関するQ&A

Q1: 妊娠中の歯科治療で、レントゲンを撮っても大丈夫ですか?

妊娠初期には、レントゲン撮影は控えたほうがいいでしょう。しかし、むやみに避けて、正しい治療ができなくなるのは危険です。できれば中期ごろまで待つのが理想ですが、一度ご相談ください。

また、歯科用のレントゲンは直接赤ちゃんにX線が当たるわけではないため、やみくもに怖がる必要はありません。撮影時には防護用のエプロンを着用していただきますし、当院のレントゲンは通常のレントゲンの被曝量の4分の1~10分の1というデジタルレントゲンですので安心です。

Q2: 歯科治療の麻酔は、赤ちゃんに影響しませんか?

歯科治療で用いる局所麻酔は、薬液の量も少なく、注射した部分で分解されるため心配ありません。ただし、過去に麻酔でアレルギーを起こしたり、気分が悪くなったりしたことがある方は、あらかじめお知らせください。

Q3: 親知らずが痛いです。抜かないといけないでしょうか?

親知らずが妊娠中に痛み出してしまった場合には、産婦人科の先生と相談しながら、消毒や薬を用いて、基本的には抜歯しない方向で様子を見ていきます。トラブルが起きたときにはすぐにご相談ください。

Q4: 赤ちゃんの歯を丈夫に育てることはできますか?

赤ちゃんの乳歯の芽は、お母さんのお腹の中にいる妊娠7週目くらいからつくられ始めます。丈夫に育てるために、妊娠中は歯の形成に必要となるたんぱく質やカルシウム、ビタミン類などを多く含む食べものを積極的にとるようにしましょう。

また、生まれてからの歯の健康は、お母さんの意識次第といえます。そばにいる大人のお口から細菌がうつる「母子感染」を防ぐためにも、お母さんやまわりの大人がお口の中をきれいにしておくことも大切です。

お母さんのお口に対する意識が生まれてくる赤ちゃんを虫歯から守ります。普段からこまめにケアをすることが重要です。結婚や出産を控えている方は早目に治療をすることをおすすめします。お子様が生まれたら検診にもお越しください。

妊娠中の歯科治療についてのお問い合わせはコチラ