入れ歯が合わなかったり壊れたりしたら、すぐに変えましょう

「入れ歯は、多少合わないもの……」そんな風に思ってはいませんか? それは間違ったイメージだといえます。なぜなら、入れ歯もやり方次第で、お口にしっかりと合うものがつくれるからです。

合わない入れ歯をガマンして使い続けていると、お口の中の粘膜がすれて出血しまったり、咬む刺激が伝わらずに顎の骨がやせてしまい、もっと合わなくなってしまったりすることになります。入れ歯が合わなかったら、適切な調整を行うか、またはつくり替えることをオススメします。自分自身に合った入れ歯で、食事や会話を思う存分楽しみましょう。

総入れ歯と部分入れ歯

総入れ歯 部分入れ歯
総入れ歯 部分入れ歯
すべての歯を失ってしまった場合の入れ歯(義歯)。床部分が吸盤のように密着させる構造になっています。入れ歯にはいいイメージがない方もおられますが、最近では入れ歯の技術も進み、快適なものをつくることができます。 一部の歯を失ってしまった場合の入れ歯(義歯)。失った歯の本数の人工歯を残っている健康な歯にバネで固定させるタイプが一般的ですが、最近ではバネがない目立たないタイプも出ています。

入れ歯のお悩み、ありませんか?

入れ歯のお悩み、ありませんか?

虫歯や歯周病、ケガなどで抜歯してしまった歯の機能を回復するためには、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療法があります。中でももっとも歴史が古くポピュラーなのは入れ歯です。

保険も適用されるので比較的安く、手軽に作ることができる一方、「よく咬めない」「はずれやすい」「痛い」といったトラブルも多く聞かれます。しかし、これらは入れ歯とお口の状態が合っていないことが原因です。部分入れ歯が合わない場合は、残存歯(残っている歯)を診ながら調整することで、ぴったりと合う入れ歯をつくることができます。患者さん一人ひとりのお口にぴったり合うよう、しっかりと調整していけば、お悩みなく快適に使用していただけるはずです。

入れ歯が「痛い…」「咬めない…」

入れ歯は、作った当初は快適でも、長く使用することでだんだん合わなくなってきます。これは歳を重ねるごとにお口の状態が変わったり、入れ歯が擦り減ったりすることが原因です。ですから、入れ歯が合わなくなってくることは当たり前なのです。しかし毎日使っていると変化に気づきにくいものですので、定期的にご来院いただき、咬み合わせなどのチェックをしましょう。

保険診療と自費診療はココが違う

入れ歯には、保険が適用されるもの(保険診療)と適用されないもの(自費診療)の2つの選択肢があります。それぞれに、メリットと注意点があるので、よく説明を受けてから選びましょう。こちらでは、保険診療と自費診療の違いについてお伝えします。

保険入れ歯 自費入れ歯
  • 素材が、レジン(歯科用プラスチック)に限られる
  • 床部分が分厚く、装着に違和感がある
  • 見た目が不自然になる
  • レジンなので、食べ物・飲み物の熱が伝わりづらく、装着感もよくない
  • 咬み心地が劣る
  • 自費診療に比べて比較的安価である
  • 壊れやすい分、修理も比較的簡単にできる
  • 多種多様な使用素材や治療方法(種類)が選べる
  • 見た目がより自然である
  • 耐久性は高いが、素材や治療方法によっては、修理が難しいものもある
  • 金属床は薄く作れることで装着に違和感が少ない
  • 金属床は食べ物・飲み物の温度も感じられる
  • 保険診療に比べて比較的高額である
  • 保険診療に比べ、治療期間が長めである

症例紹介

※画像はクリックすると拡大します。

残存歯は保存不可能だったため、すべて抜歯し総入れ歯にした例です。総入れ歯に変えた結果、食事が楽しいとお喜びいただいています。

取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯(総入れ歯・部分入れ歯)
レジン床義歯(総入れ歯・部分入れ歯) 床部分がレジンでつくられた保険適用の入れ歯。
メリット
  • 費用を抑えられる
  • 製作期間が短い
  • 修理、調整が簡単
デメリット
  • 床が厚く、咬み心地や装着感は劣る
  • 壊れやすい
金属床義歯(総入れ歯・部分入れ歯)
金属床義歯(総入れ歯・部分入れ歯) 床部分が金属でつくられた自費診療の入れ歯。
メリット
  • 床が薄くつくれ、装着感に優れている
  • 食べ物の温度を伝えやすい
  • 耐久性が高い
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 自費診療のため、比較的高額になる
  • 金属アレルギーの心配がある
ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)
ノンクラスプデンチャー 歯ぐき部分がピンクのシリコンでつくられた、バネ(クラスプ)のない部分入れ歯。自費診療になります。
メリット
  • バネがないため目立たない
  • シリコンの弾性で、フィット感がいい
  • バネがないため、まわりの歯に負担をかけない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 経年によって変色しやすい
  • 激しい温度変化に弱い
  • 食べ物の温度は伝えにくい
  • 自費診療となり、比較的高額になる

マグネットデンチャー(部分入れ歯・総入れ歯)
マグネットデンチャー 残った歯と入れ歯に磁石を埋め込み、磁力によって固定する入れ歯。自費診療になります。
メリット
  • 周囲への歯の負担が少ない
  • 耐久性があり長持ちする
  • 見た目が自然
  • 咬み心地がいい
デメリット
  • 磁石を埋め込む歯は神経を取った歯にかぎられる
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 自費診療となり、比較的高額になる

インプラントオーバーデンチャー(総入れ歯)
インプラントオーバーデンチャー 2~4本のインプラントを支えにして固定する入れ歯。自費診療になります。
メリット
  • しっかりと固定されて咬みやすい
  • インプラントの本数が少なく、治療費用の負担も少ない
  • 自由に着脱可能なため、メインテナンスが簡単
  • 大きな手術は不要
デメリット
  • アタッチメントが徐々に弱くなることがあり、定期的に交換が必要
  • 1本あたりのインプラントへの負荷が大きい
  • 自費診療となり、比較的高額になる

入れ歯の手入れ方法

入れ歯を少しでも長く快適に使用するためには、適切なお手入れが欠かせません。間違ったお手入れを続けていると、入れ歯を傷め、寿命を短くしてしまうだけでなく、お口の中にも悪影響をおよぼしてしまいます。

  主なお手入れ方法

食後

食後
食後は速やかに外し、食べかすなどの汚れを丁寧に洗い落としましょう。天然歯用の歯ブラシや歯磨き粉には、入れ歯を傷つけてしまいますので、必ず入れ歯専用のものを使用しましょう。

就寝時

就寝時
就寝前は、外して水の入った容器で保管しましょう。水に浸けずに放置すると、乾燥で変形してしまうことがあります。また、熱湯や漂白剤の使用は、変色や変形の原因になりますので、やめましょう。

洗浄剤の使用

洗浄剤の使用
2~3日に一度程度、入れ歯専用の洗浄剤を使って洗いましょう。普段のお手入れだけでは落としきれない細菌も除去できます。

歯科医院で調整

歯科医院で調整
入れ歯は、使い続けている間に少しずつ形が変化し、お口に合わなくなっていきます。合わない入れ歯は口腔内を傷つけたり、食事や会話などの妨げになったりしますので、定期的に歯科医院で調整してもらいましょう。

自分の歯のように咬める「インプラント」についてはコチラ