治療の不安や悩みは、第三者に相談を~セカンドオピニオン~

「歯を抜きます」「入れ歯にしましょう」などという診断を受けたとき、「本当にこの選択肢でいいのかな?」「ほかに方法はないのかな?」と疑問に思うことはありませんか? そんなときには、セカンドオピニオンが有効です。

セカンドオピニオンとは、治療法についてほかの医師に意見を聞き、選択する際の参考にするための手段。欧米では当たり前に行われており、日本でもその考えが広まってきています。

歯科治療は患者さんのためのものであり、納得して受けるべきであるといえます。そして、実際に治療を受ける前に不安やお悩みを解決しておくことが、治療を成功させる何よりの秘訣なのです。

セカンドオピニオンの必要性

歯科治療にはさまざまな技術があり、医院や医師によっても考え方や得意分野も異なります。そのため、同じ症状に対しても、違った見解が生まれてくることがあります。

では、何が「よい治療」なのかというと、「複数の意見を聞き、メリット・デメリットを理解したうえで、患者さん自身が納得して選んだもの」ということになるでしょう。治療が始まってしまえば、そこから変更するのは難しいもの。治療の前にセカンドオピニオンを受けておくことは、とても大切なプロセスなのです。

よくあるご相談ついて

Q1: 他院で「抜歯をする」といわれました。ほかに手段はないのでしょうか?

お口の状況によっては、どうしても抜歯が必要なケースもありますが、場合によっては歯を残せる治療法を選択できることもあります。当院では、重度の虫歯になってしまった歯を根本から治療する「根管治療」や重度の歯周病を治療する「歯周外科」も得意です。一度当院にご相談ください。

Q2: 他院に通院していますが、なかなか治りません。大丈夫でしょうか?

まずは一度ご来院ください。そして、どんな治療を受けられているのか伺ったうえで、お口の中を診察いたします。そのうえで、現在の治療に問題点があるのか、またほかにどんな治療法があるのかなどをご説明します。

Q3: 神経を抜いた歯が痛むのですが、どうしてでしょうか?

悪化した虫歯の神経を抜く「根管治療」を行うと、通常なら痛みはなくなります。しかし、痛みがなくならない場合には根管内に細菌が残っていることや歯根が破折していることが考えられ、再治療が必要になる可能性があります。まずは一度診察にお越しください。

Q4: 入れ歯がすぐにはずれてしまうのですが、どうしたらいいでしょうか?

お使いの入れ歯が、患者さんのお口に合っていないことが考えられます。お口の中と入れ歯をチェックさせていただき、総入れ歯の場合は取り替えます。部分入れ歯の場合は残っている歯の状況が良くない可能性があるので、丁寧にわかりやすくご説明をし、調整または作り直しをさせていただきます。

Q5: 自費診療の費用について相談はできますか?

自費診療の費用は、その医院が選択する素材や治療法によって異なるものです。設定が安い場合にはそれなりの理由があると理解し、安いからと安易に選ぶことはオススメしません。内容の違いをきちんと理解し、納得した治療を選ぶことが大切です。色だけではなく適合性が良いものは結果的に長持ちして様々な負担を軽減します。
当院では、治療に使用する材料やシリコンでの型取りなどこだわりを持った材料選びをしています。また、技術の高い歯科技工士による技工物の作製など質の高い治療を提供しています。

当院では、自費診療の費用設定についてきちんとご説明しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

セカンドオピニオンについてのお問い合わせはコチラ