歯科治療の「なぜ?」を解決しましょう

何か疑問に感じたことでも、つい聞けなくて……ということはありませんか? 歯科治療は、患者さんのためのものなので、納得して受けていただくことが大切です。こちらでは、よくある治療へのご質問に対する回答をご紹介します。

たとえば虫歯治療の場合、歯を削った後にはインレー(詰めもの)・クラウン(被せもの)を入れる必要があります。ごく小さな虫歯であれば、すぐにコンポジットレジン(CR)を入れることができますが、削った部分が大きければ、精密なインレー・クラウンをつくるためにどうしても日数が必要になります。

また、「痛い」と感じる1本の歯以外にも問題が見つかった場合には、そちらの治療もしなくてはなりません。お口の健康を維持するには、お口全体のバランスがとても重要です。最後までしっかりと通院しましょう。

治療内容が保険適用内のものであれば、医院によって費用に大きな差が生まれることはありません。しかし、インプラント治療審美歯科治療などの自費診療の場合には、インレー・クラウンなどの素材や施術方法などが医院によってまったく異なるため、費用にも差が出てくるのです。
自費の詰め物や被せ物などは、金額は少し高いですが色も天然歯に近く適合性にも優れています。長い目でみると何度も治療を繰り返すことも少なく、結果費用負担も抑えることも可能です。自分の体の一部になるため、良いものを入れることをおすすめします。
当院ではシリコンを使用した型取りや、自費専門の歯科技工士が技工物を作製し、質の高い治療を提供しています。

虫歯が悪化し、歯の神経を抜く「根管治療」をきちんと行った場合、通常痛みは感じなくなるものです。しかし、根管治療が正しく行えておらず、歯根の先端に細菌が残っている場合や歯根が破折している場合には、しばらくすると再び痛みを感じることがあります。

また、歯周病の進行によって炎症が起きた場合にも、痛みが現れることがあります。どちらの場合にも適切な治療が必要ですので、一度ご相談ください。

実際のところ「まったく痛くない」かというと、そうではありません。しかし、麻酔方法の工夫などによって、できるかぎり痛みを感じさせないようにすることは可能です。

当院では、以下の取り組みを行っています。
・注射の痛みを軽減するために細い針を使用
・麻酔の注射前に歯ぐきに表面麻酔をして注射の痛みを軽減
・麻酔液の注入速度や圧力を一定に保つ電動麻酔を使用し痛みの軽減
・とても怖がりの方には、笑気ガスを吸い全身をリラックスした状態にし、治療の痛みを感じにくくさせる笑気麻酔を導入
「歯科治療が苦手」という患者さんの治療も可能にしています。

また、それ以前に大切なのは、症状を悪化させないこと。悪化すればするほど治療は難しくなり、痛みも伴います。自分の首をしめてしまわないために、異変がありましたらお早めにご来院ください。

アイデンタルクリニックのセカンドオピニオンについてはコチラ